バーンズが安い店 | デーヴィド・

「非定型うつ病」と呼ばれる過食・過眠・倦怠感などの症状を特徴とするタイプのうつ病に効果があるらしいのですが!この症状って私そのものじゃないですか・・・(汗)。自動思考が少し変わった気がします。いろいろな本を読みもがいていました。

下記の商品です!

2017年03月24日 ランキング上位商品↑

デーヴィド・ バーンズいやな気分よ、さようなら増補改訂第2版 [ デーヴィド・D.バーンズ ]

詳しくはこちら b y 楽 天

確かに私は絶望的で心身共に疲労し常に息苦しく不安定でした。ただ手助けにはなってくれるでしょう。かなり分厚い本ですが!第七部(全体の3割ほど)はアメリカにおける薬物療法についての解説ですので!とりあえず認知療法について学びたい人が読むべきなのは!約7割ということになります(それでも!440ページありますが・・・)。こちらは他の単なる励ましだけの本とは違い!実践できる人にとっては役に立つものだと思います。この本にはもっとはやくめぐり合いたかったです。そして、実践すれば本当に効果があると私は思います。。凄く分厚くて読み進めるのは大変ですが、理屈っぽい私にはそのほうが理解しやすかった。本の中で紹介している!ダブルカラム法は実践していません。とても参考になります。相手を変える事は出来ない。 かなり厚い本ですが!読む価値はかなりあります。4,000円近くしたので、購入しようか迷ったのですが買って正解です。うつになってしまった方のみならず、健康的な方にとっても非常に役に立つ本だと思います。ある程度の性格的なものもあると思いますが!「少し辛くなってきた…」と感じる方は読んでみて下さい。「認知」とはすなわち自分の感じ方ですから!それをいろんな角度から眺める客観性をこの本は教えてくれます。まるで私の事が書いてあるようでした。しかしそうしていたのは私自身に他なりません。継続というのは大変です。心理学の知識が乏しくても、身近な例から入っているので、この本の分厚さのわりには、読み易いと私は思います。しんどくて元気はないけど!本くらいは読めそうな方は是非とも・・・今通院している病院の先生から勧められて購入しました。うつ病の方だけでなく、家族の方にも読んでもらいたい、そんな本でした。今では付箋やペン入れしまくってます。鬱になっていました。その分!読解に1クッション入ってしまいますが!まあしょうがないですね。本の中に「自分の人生をつまらなくしているのは!他人では無くあなた自身に他ならないのです。どうせなら楽しく生きた方が良くありませんか?」の一説にパンクしそうだった頭と心がスッと軽くなりました。一般の人にも読める内容ですが!専門性の質を落としていないのがさすがです。うまくいえませんが!この本を読むだけで治るわけではないです。すごくおもしろいです。是非!読んでみようかなぁと思った人は迷わず読んでみてください。うつ病関連の書籍は多数読みましたが「これほどわかりやすく!実践的なものはない」と感じました。長年うつをわずらって!良くなったり悪くなったりを繰り返してきたのですが!どうやら不安障害に併発するようなタイプのうつは!典型的なうつ病とは有効な対処法が異なるようです。一読してみてください。日本人の感覚では「ないない」と思えるものもあります。私はこの本で上記の事を学びました。以前から自分は少し!あらゆる事に過敏で傷付きやすく!子供が出来てからは益々夫などの態度や言葉に「私はこんなに大変なのにあの態度は許せない!」と常にイライラしたり傷付いたり泣いたりして来ました。今読んでいるところです。図書館にもありますし。なにしろ分厚いので、開いた状態で置いておきにくいこと、ページを繰りにくいこと、そしてなにより読むのが大変という点が★1つ減点ですね。傷付いたり傷付けられたり…相手の悪い所ばかり見て決め付けて決して許さず!更に相手はあなたの態度に反発し!悪循環の繰り返しで出口が無くなるばかり。助けてもらいました!本当にありがとう!これからは自分を信じて沢山チャレンジして行きたいと思います。途中で投げ出さずに、確実に自分に役立たせるために読破したいので、しっかり見極めながら読み進めたいと思います。感謝をこめて、星5つです。調子が悪いとき、うつの波が襲ってきたときに、何回も読み返しています。認知療法の具体的な方法が書いてあります。人間関係は生きて行く上で避けられません。寛解近くまで回復している方や再発予防をしたい方などにお勧めします。自分の行動に対して!感情を味わい尽くし!その上で前向きに!論理的に!理性的に対応したい!または解釈したい!向き合いたいという方なら読んでみるといいと思います。あなたの考えを変える方が容易い。私自身、うつを患い、ほぼ治りつつある中で今後同じようなことが起こらないようにするため、この本を購入しました。鬱の方はなかなか難しいと思います。別のプログやサイトでも好評だったので購入してみました。仕方ないですけど。うつ病認知療法のバイブルとして!うつ状態がひどかったときに図書館で見かけ!ページのボリュームと小さな字を見て圧倒!とても読めないと諦めていました。けっこうぶ厚い本ですが、気が付くと読んでいました。薬だけに頼らず!認知療法をちゃんと自分でやってみようと思い立ち!ネットで評判がよかったこの本を買ってみました。そうした点に限らずですが、「自分がまさに該当すること、そのままためになること」と「自分には当てはまらないが、参考のために勉強しておくこと」について、常に鋭く嗅ぎ分けながら読まないと、これだけの分量をとても読みこなせないと思います。恐らくかなり前からだと思います。分厚いですが、嫌な気分、うつ状態の方々には、一読する価値があると思います。ただ!ボリューム!内容ともに!うつ病の症状が重い方が読むのは少々厳しいように思います。私も今はちょっと毎回ノートに書いたりなどは途中で挫折していますが!認知の歪みを知るのと知らないのでは違うと思います。思い当たる部分も沢山あり、期待も込めて★4つ。ネットでの口コミ評判が良かったので!購入してみると!以外と読み進められます^^一度に全部読もうと思うと負担に感じるので!項目ごとにわけて読むと負担を感じません。内容は評判どおり、ゾクゾクするくらい患者の琴線に触れてきますね。まして!トリプルカラム法などを自力で実践するのは少々厳しいかもしれません。鬱状態にある時人は「歪んで」物事を捉えているのだそう。私がこの本を買ったきっかけは、病院で勤めている知り合いの臨床心理士がすごく良い本だと言っていたからです。考え方で気分は変わる事を分らせてもらえる書籍でした。「全部読んで、全て実践して」などと肩に力をいれず、まずはざっと目を通してみる、などというのでも良いかもしれません。うつ状態が重度の方は読むのは負担に感じると思いますが、うつが回復してきた、調子の良いときに少しずつ読むといいかもしれません。あと、訳者は文学者や作家ではありませんから、どうしても仕方のないこととは思いますが、あくまでも「英語を翻訳した日本語文」であって、あまり言葉がこなれていません。他の方のレビューにあるとおり!ほんとにボリュームがありますね。やさしい言葉で、具体例もおおく、考え方の偏りを見つけさせてくれました。他の方々のコメントに「ボリュームが多くて云々」というのもありましたが、私には苦になりませんでした。分厚いですが!一読の価値はあります。行動についても、具体的な行動パターンの変え方についてワークがのっているので、実践したいと思う人には、とても参考になるでしょう。しかし、これは認知療法を専門的に扱った本なので、悲しい気分になったのを安易に直してくれる本、自己啓発本の類ではないと思います。個人的には、その第七部中のMAO阻害薬(日本では、うつの治療薬としては使われていません)についての解説に興味を惹かれました。全てはあなたがどう感じるか?」とありました。「自分を変えるのは自分しかいない」そこまで心理的に自立し、さらなる成長を求めた時、この本なら、きっとあなたの心に寄り添ってくれることでしょう。病院の治療と共にこの本を読んでいくと効果がありそうです!早く良くなるためにも!こちらの本をしっかり読んでいきたいと思います。★5つに格上げします。 誰でも、少しは憂鬱なことが続くことがあると思います。この本をいつも傍らに…。会得までは全然していないけど私に確実に変化をもたらしてくれた本で感謝しています認知療法うつ病の本です。実例を出して紹介してあるので、客観的に思考のゆがみを勉強でき、自分に置きかえることで、少しずつ思考のゆがみがなくなってきた気がします。認知療法というのは考え(自動的に考えてしまうマイナス思考というか、歪み)を変えることで、抗鬱薬だけの治療と同じくらい効果があり、抗鬱薬認知療法を併用するとより再発率が低くなるそうです。私は中程度の鬱ですが!「認知療法は自分でも可能。組み立てが英文のまま、機械的に日本語化されてしまっている文章も、多々見られます。★を減らしたのは少し翻訳の文章が読みにくいためです。この本に書かれているトリプルカラム法も実践しています。読んで良かったです。興味を持ったところから少しづつ読み始めています。思わぬところに!光明を見出したような気がしました。もちろん!アメリカの学者さんが書いた本ですから!認知の歪みの例も!それを回避する考え方にも!「そりゃアメリカ人だからだろ」と思うものが散見します。(写真では右から3冊目)私は鬱がメインではないのですが!自律神経からいろいろ併発して内科通院してます。先生から、この本の1章から3章までを何度も繰り返し読むようにと言われました。私のPTSDの治療に役立てるためです。今、再読中です。(読了後にレビューをしようと思いましたが!かなり?先になりそうなので!この時点でレビュー投稿させていただきました)⇒読了しました。だいぶ気持ちが楽になり!外の明るさも楽しく感じるようになってきました。この本に書かれていることは、他の本に書かれている内容よりもより実践的で、自分の認知の歪みに気付きやすいです。